憧れの挙式場で選ぶ 憧れの都市で選ぶ モデルプランから選ぶ
FAQ ウェディング・お問い合せ・資料請求 ウェディング・お見積依頼 ウェディング・お申込方法 お友達に紹介

 ヴェッキオ宮殿 〜深紅の間〜
 Plazzo Vecchio


■挙式費用 お問い合せ下さい。

 ロケーション
イタリア・フィレンツェ市
フィレンツェの中心、シニョリーア広場に面し、ヨーロッパ三大美術館のひとつである
 ウフィッツィ美術館に隣接する。
 建築・特徴
13世紀に天才設計家アルノルフォ・ガンビオが手掛ける。
 高さ94メートルの『アルノルフォの塔』がそびえ、フィレンツェのシンボル的存在。
中世イタリアの市庁舎建築の中でも最も重要なものの一つ。
内部は16世紀ヴァザーリによりマニエリスム趣味で改装され たルネッサンス様式。
 彫刻、壁画、絵画など内部は美術館そのもの。
1540年〜1565年にかけてはメディチ家の居城として利用される。
挙式が行われる『サラ・ロッサ』(深紅の間)は、メディチ家の時代からの豪華な一室。
 ルネッサンス期の優美さも兼ね備えている。
現在、宮殿の一部は市庁舎として利用されている。その為、婚姻手続きも宮殿内で
 行われ、市議会議員が司式として立ち会う最高の場である。
 挙式可能日
イタリア祝祭日を除く、水・木曜日(午前中のみ)
 挙式内容 挙式のスタイル
フォーマル
 フィレンツェ市から正式に認可された婚姻式。フォーマル・ウェディング
 フィレンツェ市の市議会議員が司式を務め、イタリア民法に基づいた式辞から
  始まり、お二人の結婚の意思確認へと進む本格的な挙式。
 現地で発行される結婚証明書を日本帰国後、入籍届の際、日本の役所に添付して
  提出することによりお二人の戸籍に【イタリア国方式により婚姻】と記載されます。
 資格・手続き方法
未入籍のカップルのみ(信仰の有無は問いません)
 旅券(パスポート)のコピー 各1通
 婚姻用件具備証明書 各1通
 戸籍謄本 各1通
 出発の2ヶ月前までにご本人2名様による東京での公証人役場出頭・書類手続きが
  必要となります。
  ※出頭日は予め予約が必要です。
 書類手続き費用が別途¥68,000必要となります。
 基本挙式費用に含まれるもの
宮殿使用料
装花代
中世装束に身を包んだ衛兵2名
ブーケ・ブートニア(生花)
日本人通訳及び立会人
専用送迎車(ホテル〜宮殿〜ミケランジェロ広場〜レストラン〜ホテル)
写真(50枚/約13cm×18cm /ネガ付/アルバムなし/
 ミケランジェロ広場での撮影含む)
結婚証明書(法的効力があります)
記念品(銀製品)
ウェディング・ランチまたはディナー
(ヴィラ・コーラ内レストラン/ディナーの場合送迎なし)

※お申込み前には、必ず、ウエディング手配条件等をご覧ください。
※各種オプショナル(写真、ビデオ、ヘアメイク等)は、別途お問い合せください。


前のページに戻る このページのトップへ