TOUR ARRANGEMENTS

 

 

イタリア旅行・自由プラン

北イタリア個人旅行、世界遺産モデナ、パルマ、ラヴェンナを旅する


モデルプラン 61  成田発・関空発
北イタリア個人旅行で世界遺産を巡る9日間
世界遺産・モデナ、パルマとラヴェンナ
モデナではパルミジャーノ工房とフェラーリ博物館見学も可
パルマドゥオーモや国立絵画館のレオナルド・ダ・ヴィンチ
ラヴェンナでは七つの古代キリスト教会のモザイク画を
エコノミークラス: 298,000円〜398,000円
ビジネスクラス: お問い合わせください。
日程表 お問い合せ 友達に紹介 その他アグリツーリズモのコースをみる
本プランは、受注型企画旅行のモデルプランです。
ご予約の際には、
受注型企画旅行条件書を必ずお読みください。



世界遺産モデナ、パルマ、ラヴェンナ 9日間 モデルプラン  食事
1 成田空港よりアリタリア航空、または、エールフランスにて
ローマまたは欧州内一都市乗り換えでボローニャへ向かいます。

関空発は直行便または欧州内一都市乗り換えでボローニャへ。

到着後、専用送迎車でモデナのホテルへご案内します。                  
モデナ泊
2 ホテルにて朝食後、自由行動。まずは
世界遺産モデナ大聖堂、トッレチヴィカとグランデ広場に行きましょう。

モデナ泊
3 ホテル到着後 ホテルにて朝食後、自由行動。
オプショナルで午前中にパルミジャーノ・レッジャーノ工房見学と
フェラーリ博物館見学を両方できる便利な専用車手配できます
モデナ泊
4

ホテルにて朝食後、専用車でパルマへ向かいます。

ホテルチェックイン後、自由行動。

まずはドゥオーモや洗礼堂へ行ってみましょう。
オプショナルでプロシュート工場見学手配できます。

パルマ泊

5 ホテルにて朝食後、自由行動。
★国立絵画館でレオナルド・ダ・ヴィンチのデッサン★国立マルケ博物館
★パルマ歌劇場 ★ガリバルディ広場

町そのものが博物館パルマでお過ごし下さい。

パルマ泊

6 ホテルにて朝食後、専用車にてラヴェンナへ向かいます。
途中サンタポリナーレ・クラッセ教会へ立ちより後、
ラヴェンナのホテルへご案内します。
ホテル到着後、自由にラヴェンナ滞在をお過ごし下さい。
ラヴェンナ
7

ホテルにて朝食後、世界遺産ラヴェンナの町自由行動
各自自由にラヴェンナ滞在をお過ごし下さい。
サン・ヴィターレ聖堂、サンタポリナーレ・ヌオヴォ、

ラヴェンナ

8 ホテルにて朝食後、専用送迎車にてボローニャ空港へ向かいます。
ローマまたは欧州内一都市乗り継ぎで、アリタリア航空、または
エールフランス航空便で成田空港へ出発。
機内泊
9 午前中または午後成田国際空港着。  

モデルプランは一例となります。宿泊日数は希望により追加したり減らしたりできます。
宿泊都市は追加したり変更したりもできます。
滞在希望都市についてはご相談下さい。
航空機運行スケジュール変更、現地事情等により日程が変わる場合があります。
モデナから、ボローニャやパルマへオプショナルで手配できます。



デナ世界遺産を巡る旅。モデナ大聖堂は歴史地区中心にある。
大聖堂の裏にあるトッレ・チヴィカも、ドゥオーモの広場も世界遺産。
モデナは食の町、パルミジャーノ・レッジャーノやフェラーリ博物館も有名。

のんびりとした雰囲気のなかでおいしいものを食べて歴史散策ができます。

モデナ世界遺産修復中
モデナ大聖堂、世界遺産ファッサード。ただいま修復中。エミリア・ロマーニャ州

モデナ世界遺産修復中
モデナ大聖堂、トッレ・チヴィカ。世界遺産修復中。エミリア・ロマーニャ州

パルミジャーノ・レッジャーノ工場見学手配します
パルミジャーノ・レッジャーノ見学は朝早く8時前には工房へ

ェラーリ博物館はモデナのマラネッロにある。ガッレリアフェラーリに行ってみよう。
バスステーションからマラネッロ行きのバスで行けるが、昼間はなかなか来ない時間帯もあるので、時間を効率的に使えるようにイタリア旅行社ではパルミジャーノ見学を早朝に、続いて、フェラーリ博物館にと半日観光を手配しています。

フェラーリ博物館見学手配
フェラーリ博物館はモデナ、マラネッロにあるのでぜひ行ってみたい。エミリア・ロマーニャ

パルマドゥオーモと洗礼堂
パルマのドゥオーモとバティステロ=洗礼堂。


ルマで目にする町の様相は、やはり中世の面影を残していると感じられる。それもそのはず現在パルマの中心に残るドゥオーモは12世紀頃のポー川流域ロマネスク様式の代表的建造物であり、ひっそりした小さなドゥオーモ広場に接して建つ洗礼堂は12世紀末から13世紀後半にかけて建造されたのだから。

パルマ公国の誕生は1545年にファルネーゼ家のパオロ3世が、パルマとピアチェンツァを息子ピエル・ルイジに領地として与えたことから始まった。1748年のアクィスグラーナ講和によりパルマ公国はスペイン・ブルボン王家統治下となった。以降イタリアが統一されるリソルジメントまで3世紀にわたってパルマはヨーロッパのひとつの中心で有り続けてきたのである。

国立絵画館や国立考古学博物館にはブルボン王家のフィリッポによるコレクションが展示されている。スタンダールのパルムの僧院の舞台となったパルマ。ぜひゆっくりとおとずれてみたいではありませんか


パルマ、サンジョヴァンニ教会

パルマ、サンジョヴァンニ教会。


ルマといえば美食の町としても有名。
パルマハムといわれるプロシュートやクラテッロ=パルマやエミリア・ロマーニャの特産ソーセージ。パルミジャーノ・レッジャーノ、日本ではパルメザンチーズと呼ばれる。等々、パルマを中心とする食品生産も高い評価を得ている。
美食家でなくてもどこでもおいしい料理が食べられるパルマをお楽しみ下さい


パルマの生ハム=プロシュート

パルマといえば生ハム=プロシュート。イタリアエミリア・ロマーニャ州。

パルマガリヴァルディ広場
ガリバルディはイタリア人に敬愛される建国リソルジメントの父。国民的英雄


ルマの中心にあるガリバルディ広場は、イタリア統一の父としてイタリア人の尊敬を集めるガリバルディの名前を冠している。この広場は今の形ではなかったが古代ローマ時代に既に存在していたことが分かっている。北イタリアのポー川流域の起伏に富んだ平野には、エミリア街道沿いにパルマやモデナのような豊かな都市が栄えてきた。

 

ラヴェンナサン・ヴィターレ聖堂モザイク

ラヴェンナ、サン・ヴィターレ聖堂の後陣、クーポラのモザイク画、エミリア・ロマーニャ州

ラヴェンナサン・ヴィターレモザイクユスティニアヌス帝
ラヴェンナ、サン・ヴィターレ聖堂のユスティニアヌス帝を描いたモザイク。イタリア

ヴェンナ歴史地区のサン・ヴィターレは世界遺産の中でも現存する古代ローマ教会として特に有名。東ローマ帝国皇帝のユスティニアヌス帝と王妃テオドラをを描いたモザイクなどがある。ビザンチン様式のモザイク画が現存しているラヴェンナは特に貴重だと言われている。

ラヴェンナサン・ヴィターレ聖堂モザイク王妃テオドラ
ラヴェンナ、サン・ヴィターレ聖堂の王妃テオドラを描いたモザイク。イタリア

ラヴェンナサン・ヴィターレ聖堂世界遺産
サン・ヴィターレ聖堂ラヴェンナにある世界遺産。上のモザイクはこの教会にある。



ラヴェンナ、パルマ、モデナ、フェラーリ博物館  
お見積り無料です。
ここをクリック 


お電話での問い合わせは 03−3562−2505 へ


このページのトップへ

個人情報への取り組み旅行業登録票/約款会社概要サイトマップ

イタリア旅行はイタリア旅行社で

イタリア旅行はイタリア旅行社で