TOUR ARRANGEMENTS

 

 



 交通機関について(列車・バス・タクシー・市内交通)
列車の券は日本でに購入した方が良いか?

 値段的には、現地で購入された方が安くすみます。

 

レートの違いや日本での購入には若干手数料・通 信費がかかりますので。ただ、心配な方や初めての方、旅行中あまりお時間のない方等は日本で購入しても良いかと思います。

 

日本では、乗車券のみ又は指定券付きと両パターンでの購入が可能です。指定券は現地で追加購入ができます。

 

予約がないと乗れない列車等にご利用になる場合は、現地にて指定券を別 途購入してください。

 

日本で指定券も購入された方は指定の列車にご乗車ください。

 

指定券購入の場合は、座席番号もチケットに記載されていますので、指定の座席へお座りください。



現地で乗車券を購入する場合には時間がかかるか?

 大きな駅では、窓口で長い列をつくっているのをよく見かけます。

 

切符の実際の購入にはそれ程時間はかかりませんが、窓口の混雑状況によってはかなりお時間がかかることもあります。

 

当日に購入される場合は、時間に余裕をもってお出かけください。特に、大きな駅での朝夕時はかなり混雑します。

 

前日等にも購入できますので、もし、お時間があれば、観光やショッピングの合間にお買いになることもお勧めします。

 

また、大きな駅では行き先(国内、国際、長い距離、指定・普通 等)によって窓口が異なります。せっかく並んでも、違う窓口だったりすると購入できませんので、並ぶ前によく注意してみましょう。



列車を利用するのは、初心者でも簡単か?

 プラットフォームは、たいてい横に平行に並んでいます。大きな駅では電光掲示板がありますので、掲示板にて列車番号、行き先(列車の最終到着地)、出発時間を確認のうえ、フォーム番号を探し、そのフォームから乗ります。

 

あまり時間が早すぎたりすると、まだ違う列車がプラットフォームに入っている場合があるので注意!

 

駅の造りは比較的わかりやすいとおもいます。 ただ、列車内でのアナウンスはありません。(一部、ユーロスターイタリア等ではあります。)

 

必ず、自分で目的地の駅への到着時間を予め確認しておき、時間近くになったら降りる準備をして出口付近へ行き、降りる準備をしておかなくてはなりません。

 

自分の目的地が列車の終点であれば、簡単ですが、途中の小さな駅などで降りる場合は、時間等に十分に注意しておかなくてはなりません。その他については、それ程難しいものではありません。



予約をしなくては乗れない列車もあるか?

 要予約の列車は予約をしなくては、指定券を持っていないとご乗車になれません。

 

例えば、イタリアの新幹線といわれる列車「ユーロスターイタリア」は全席指定です。

 

全席指定の列車の場合は、乗車券の他に指定券を購入していただきます。やはり1等、2等があります。




列車に乗るときに、荷物はどうするのか?

 荷物はそのままお持ちになるご乗車いただきます。欧州の列車の殆どは、6名1室の個室のような造りになっています。

 

頭上に荷物を載せる棚がありますが、奥行き等それ程大きくありません。たいていは他のお客様の邪魔にならないように足下付近や通路に置くしかありません。

 

列車をフルに利用する予定の方はできるだけ小さな荷物でお出かけになるようおすすめします。

 

乗車口もかなり高くなっており、2段ほどの階段を使います。荷物をもち上げて乗り込むのは女性には少々しんどいものです。できるだけ小さく、持ち上げに便利な荷物を工夫してお持ちください。




1等、2等ではどのくらい違うか?

 1等、2等では、少しシートの状態と幅が違います。ただ、2等でも決して苦痛ではないと思います。

 

長い距離やご年輩の方々には、1等をお勧めいたしますが、あまり拘らない方はご予算に応じて2等でも十分ではないかと思います。

 

ただ、やはり2等の方が現地の方等の乗車率が大きいので、1等より混み合ったりすることはありますので、そういう意味では、1等の方が静かで安心できるかもしれません。




列車の乗り換えは簡単か?

 お時間に余裕さえあれば、それ程難しいものではありません。必ず時間に余裕を持ちましょう。

 

列車に乗り降りする際、スーツケース等の荷物があるとかなり大変です。

 

大きな駅ではプラットフォームを端から端まで移動しなくてはならないこともあります。

 

更に、イタリアでは列車の遅延は多々あります。できるだけ、時間に余裕をもって乗り換えの列車を考えましょう。




バスのチケット購入方法は?
 現地で購入の場合は、バスターミナルに併設されるチケットオフィスやバス券を取り扱う売店、又はバスに乗車する際に、購入する方法とあります。



バスのチケットは日本で購入できるか?
 バスのチケットは殆ど、日本での購入はできません。一部、JALバスやある限られた区間だけ日本で購入が可能なものもあります。



バスや列車の時刻表の入手方法は?

 バスの時刻表は、バスターミナルなどに併設するバスオフィスなどに掲示されたり、コピーが置いてあります。

 

列車の時刻表は、駅の掲示板、又は大きな駅などには列車専用のインフォメーションカウンター等がありますので、そちらで自由に時刻表を見たり、係員がアドバイスをしながらコンピューターで検索してくれたりします。

 

列車の時刻表は、本屋やキオスクなどでも購入できます。

 

全イタリア版と南、中央、北の各3エリアに分かれたものが販売されています。列車利用を中心に旅される方は、1冊購入するようにお勧めします。

 

もちろん、最寄りの観光局やホテルでも照会してくれます。また、イタリア旅行社.でご旅行へ行かれる方には、ご出発前に各時刻表等のアドバイスをご希望に応じてさせていただいております。(一部日本に情報のない路線等ご照会できない場合もございます)




空港からのシャトルバスや列車の利用方法は?

 各主要空港とその街を結ぶシャトルバスや列車は充実しています。

 

例えば、ローマは、ローマ・フィウミチーノ空港駅〜ローマテルミニ駅間をエアポート列車が運行しています。

ミラノ・マルペンサ空港〜ミラノ市内は、シャトルバスが中央駅まで運行しています。最近では、列車も運行しています。

 

ヴェネツィアやフィレンツェ等もそれぞれバス等によって空港と市内を結んでいます。利用方法が、その場で切符を購入していただければご乗車いただけます。




タクシードライバーは英語が話せますか?
 残念ながら、タクシーのドライバーの殆どは英語が話せません。ミラノやローマのような大都市であれば、英語を話すドライバーもいますが、小さな都市ではめったに英語を話すドライバーはいません。タクシーに限らず、バス等のドライバーも殆ど、英語が話せません。



タクシーを呼ぶには?

 もちろんタクシー会社に直接電話してもOKです。ホテルやレストランでは頼めば、タクシーをすぐに呼んでくれます。

 

タクシーを電話やホテル等で呼んだ場合、必ず、呼び出しの番号があります。自分の呼び出し番号とドライバー番号を照合し、確認してから乗りましょう。

 

ホテルの前では、まったく関係ないタクシーが待っていたり、勝手に来たりします。

トラブルの原因にもなりかねませんので、必ず、番号を確認してからご乗車ください。




タクシーでは、運賃と高く請求される事がある?

 残念ですが、このような事件はたくさん聞きます。

 

特に、ローマやミラノ等の大きな都市や空港周辺、妙に日本人慣れしているドライバーは要注意です。

 

タクシーに乗ったら、まずメーターがあることを確認しましょう。きちんと稼働しているかどうかもチェックしましょう。

 

ガイドブック等を見て、主な区間については幾らが相場なのかを把握しておくとよいでしょう。きちんとしたタクシーには、車内に料金表があります。高額を請求されない為にも、タクシーに乗る際は、タクシー乗り場やホテルなどから乗りましょう。




タクシーの一般的な料金の目安は?

 市内によっても基本料金が多少異なります。タクシー代金は基本料金の他に、休日追加料金、深夜・早朝追加料金、荷物料金等が必要に応じてかかります。

 

また、空港等の出入りにも追加料金がかかる場所があります。 料金目安としては、ミラノ市内〜ミラノ・マルペンサ空港まで、距離約50km、所要時間約1時間で95ユーロ、深夜料金、荷物が多い場合130ユーロ程度です。



このページのトップへ

個人情報への取り組み旅行業登録票/約款会社概要サイトマップ

イタリア旅行はイタリア旅行社で

イタリア旅行はイタリア旅行社で